とにかく明るい性教育 パンツの教室公認インストラクター うらまき

とにかく明るい性教育

パンツの教室

公認インストラクター

うらまき

オフィシャルサイト

 · 

思春期からは覚悟が必要です!

とにかく明るい性教育

「パンツの教室」では、3歳から10歳までを

対象としています。

 

 

 

もちろんそれ以降でも、

性教育はできます。

 

 

 

でも、

とっーーーってもハードルが上がることだけは

知っておいてほしいんです。

 

 

 

「うちはまだ早い。」

「思春期になったら話すつもり。」

 

 

 

そう思っている方が

 

多いですよね。

でも思春期は、

大人から「性」の話をされるのに

抵抗を感じる年頃です。

それに加え、

親の話をゆっくり聞いてくれません!!!

 

 

 

「ウザい。」

「無理。」

「キモい。」

 

 

 

 

気持ちも不安定です。

親が話したいタイミングで

聞いてくれるはずもなく、

モノで釣って10分の時間をもらい

話を聞いてもらった、

という方も!!!

 

 

 

たくさん伝えたいことはありますが、

長々と話すことはNGです。

端的にポイントだけ伝える、ということを

繰り返ししなければなりません。

 

 

 

「キモい!」

「変態!」

 

 

 

勇気を出して伝えたのに

そんな風に

言われることだってあるんです。

 

 

 

「性」の知識は

思春期以降に必ず

必要になります。

 

 

 

思春期に性教育を始めた方は

皆、口をそろえて言います。

 

 

 

「絶対に性教育は

思春期より前にやってー!!!

1日でも早いほうがいいから!!!」

 

 

 

思春期前であれば

「性」について「いかがわしいもの」という

認識がありません。

「理科」の話として捉えてくれます。

 

 

 

「お母さん、産んでくれてありがとう。」

「大切なことを教えてくれてありがとう。」

 

 

 

こんな風にキラキラとした

反応をしてくれますよ。

 

 

 

大切なことは

学校では教えてくれません。

ぜひ早め早めの「性教育」を

オススメします。

 

 

 

どう始めたらいいか分からない

という方は

 

ぜひ体験会にいらしてくださいね。