とにかく明るい性教育 パンツの教室公認インストラクター うらまき

とにかく明るい性教育

パンツの教室

公認インストラクター

うらまき

オフィシャルサイト

 · 

理解が遅くっても・・・

私には8歳娘と6歳息子がいます。

 

娘は素直で理解が割と早いタイプ。

息子は理解が遅く、

独自のルールで生きているタイプ・・・。

 

 

私が日々取り組んでいる「性教育」

娘はだいぶ理解しています。

 

・体の仕組み

・マナーについて

・防犯について

・多様性について

 

 

 

息子はまだ難しい部分も多いようで

よく分からない&独自の解釈を加えることが

よくあります。

 

 

 

つい最近まで

「男の人も赤ちゃんを産める」と

思っていましたし、

「帝王切開」もお腹ではなく、お尻を切るものだと

解釈していました(笑)

 

 

 

性教育インストラクターの子供だって

こんなもんですよー!

「ちゃんと教えなくちゃ!」と

構えなくて大丈夫なんです^^

 

 

 

私はいつも「多め多め」の情報の種を蒔いています。

子供達の中で、

理解できた部分と理解できなかった部分が

あるのは当然のこと。

 

 

 

1度で全てを理解するのは無理なので、

繰り返し繰り返し、

言い方を変えたりしながら

多め多めに伝えています。

 

 

 

見たことも触ったこともない

「精子と卵子」の話など、

難しくて当然なのです。

 

 

 

「大きくなったら、お〇ん〇んの先から

赤ちゃんの種が出てくるよ。

すごいよね!かっこいいよね!!」

 

 

 

そんな声掛けをしているので、

「種=赤ちゃん」と思ったのでしょう。

(お〇ん〇んは自己肯定感の塊なので、

「かっこいいね!」と褒めてあげてくださいね)

 

 

 

子供が間違って解釈していても

「それは違うよ!この前も言ったよね。」

否定するのではなく、

優しく訂正してあげてくださいね。

 

 

 

何回も何回も間違えていーんです!!

 

 

 

私も100回くらい言ったんじゃないかな・・・?

と思っていましたが、

な、な、なんとつい先日

息子の頭の中で何かが繋がったようなのです!!!

 

 

 

 

逆に私の方がびっくり。

「赤ちゃんになるには、ママとパパがいなくちゃねぇ。

だって精子と卵子が合体させないとだめでしょ?

 

ん?

じゃあ、おさるさんも?

かばさんも??

とりさんも???

みんなママとパパがいるってことだね!!」

 

 

 

つ・つ・繋がったー(涙)!!!

 

 

その瞬間に立ち会えて

何だか感動しました。

 

 

 

蒔き続けた知識は

点と点が繋がり

何層にも重なって

豊かな知識となるのだと思います。

 

 

 

子供の可愛い反応を楽しめるのも

「おうち性教育」の特権です!!

 

お母さんもとっても楽しめるんですよ^^