とにかく明るい性教育 パンツの教室公認インストラクター うらまき

とにかく明るい性教育

パンツの教室

公認インストラクター

うらまき

オフィシャルサイト

 · 

突っ込んだ質問、来ませんか??

性教育を始めたいけれど、

躊躇してしまう理由。

 

 

 

その一つに

「突っ込んだ質問がきたらどうするの?」

というのがあるかと思います。

 

 

 

えぇ。

きますよ・・・。

突っ込んだ質問。

 

 

 

だから今一歩

踏み出せない、

そのお気持ち

よ~く分かります。

 

 

 

でもね、

どうして答えられないかを知れば

やり方が見えてきます。

 

 

 

まず一つ目は

親自身の知識不足

 

 

 

二つ目は

自分の中に

「伝えたいメッセージ」が

明確でない、ということ。

 

 

 

私たちは「性教育」を学んでいません。

ですから伝えられないのは当然のこと。

逆に言えば

本などで学べば伝えられることが

 

たくさんあります。

けれど

本を読んだだけの知識では

足りないのが本当の所です。

 

 

 

なぜなら

本に載っていないようなことを

子供は質問してきますよ!!

 

 

 

本っ当にっっ・・・!!!

 

 

 

そして見落としがちなのが

「性」について

「自分自身の考えを持つ」ということも

当然ながらしてきていません。

 

 

 

考えることをやめてしまう。

するとどうなるか?

 

 

 

気持ちを感じるセンサー

「感情」が鈍くなって

どんどん

自分の意見・気持ちが

分からなくなってしまいます。

 

・女の人の裸の写真を見るのはいけないこと?

・両思いならキスしてもいいの?

・何歳からセッスしていいの?

 

 

自分自身で

明確な答えを持っている人の方が

少ないのではと思います。

 

 

 

何だかダメな気がするけど

理由が分からない。

何と答えたらいいか分からない。

 

 

 

こんな風に

自分の意見がなくなってしまうんです。

「知識」をつけた上で

実践を繰り返し

自分のものにしていくことが

 

とっても大事なんです。